腕時計のベルトを交換

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0

image

 

以前気に入ってずっとつけていたクォーツの腕時計が壊れた時に、

クォーツは基本的に修理は出来ないと。交換しか無いと言われてしまいそれ以来腕時計はせっかくお気に入りを付けるなら壊れても直せるようにと手巻のアナログ時計にしてるんですが。

今付けているのは ハミルトンのカーキ メカって奴で。

こいつをNATOタイプのナイロンベルトに付け替えて使ってたけどもうちょっとハードな感じのベルトにしたいなぁと思い探してみると良い感じのを発見

 

同じNATOタイプでも空軍タイプ。

こりゃいいってんで早速注文。

 

image

 

で、届いたのがこちら。

色味も良い感じで。

 

image

 

 

image

 

ついでに革ベルトでも金属ベルトのようにパチンと止められるようになるバックルも購入。

こちらのクロノワールドってお店は初めての人限定で、ベルトを外す工具キットをプレゼントしてくれます。

 

image

 

キット内容は写真のようにベルト外し工具と傷付き防止の布が。

 

早速この工具を使っていそいそとベルトを付け替えてみる。

 

で、結果がこう。

image

 

おぉ。

まるで最初からこのデザインだったかのようにしっくりと!

 

image

 

バックルも問題なく装着完了。

 

付けてみる。

image

image

 

ばっちりだー。

このタ空軍タイプのベルトが時計本体と腕の間にベルトが挟まるようになっているのは

戦闘機内は異常に熱くなったりするので熱伝導の高い金属の時計が直に肌についてるとやけどするからだそうで。

 

ベルト交換は時計のイメージがガラッと変わって楽しいので今つけてる時計に飽きた時なんかは買い換える前にベルト交換してみるのも楽しいかとー

 

[ハミルトン]HAMILTON 腕時計 KHAKI FIELD MECHANICAL H69419363 メンズ [正規輸入品]

 

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Facebook0
Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/default/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273